日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
225先物ブログランキングTOP > 日経225先物基礎・入門TOP > 下手なナンピン、スカンピン
投資の格言

PR


基礎・入門TOPページへ
投資の格言:下手なナンピン、スカンピン

自分がこれなら上がると自信を持って投資した銘柄が下げてしことほど悔しく、残念なことはありません。しかもそれによって損もするため、ダブルショックです。

そこで考えるのは、下げたところで新たに買い増し、そこから株価が上がれば、それまでの損も取り戻せる。こう考えて実行するのがナンピンです。

ナンピンとは、「難」、つまり難儀(=損)を平たくするという意味です。1000円で購入した株が900円に下げれば、そこで再び買う。そうすれば株価が元の1000円に戻ってくれれば、損は消えてしまうからです。そして、万一1100円にでもなってくれればさらにプラスになります。

しかし多くの場合、この手法は成功しません。900円に下げたところで再浮上すると読んでナンピンを入れたのに、期待に反して下げてしまうことが多いからです。

株とは、上昇、下降ともにひとつの方向に動き始めると、しばらくそれが続きます。
そのため1000円だったものが900円に下げた場合、すぐに戻ることは少なく、さらに下げしてまう確率が高いです。

これを知らずに、株価が少し下げると安易にナンピンを入れる投資家があとを断たないのは残念です。ナンピンを入れるなら、株価の動きが止まり、回復に転じる気配が見えることが不可欠になります。

原則としてナンピンは入れないほうがよいですが、入れるなら、下げ止まりを待ち、回復の気配が見えた時にしましょう。

ナンピンは、回復に転じる気配が見えない状態では、株を買った時から入れるべきではありません。





- 日経225先物ブログランキング -