日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225先物, mini入門

PR


基礎・入門TOPページへ
日経225miniの取引と満期日

日経225miniの仕組みはシンプルです。投資家の良く知っている日経平均が取引の対象です。

株式投資との違いについては下記のとおりです。

個別銘柄の上場廃止や倒産リスクがないのでストップ安なの大きな損失がない。
取引価格は日経平均株価に連動して動きますので、個別株のように銘柄の分別や選択の必要がない。「指数」が対象なので満期日に現物の受け渡しが発生しません。

日経平均株価とは?

日経平均株価とは、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象として算出する株価指数で、東証株価指数 (topix) と並んで日本を代表する株価指数です。銘柄は、ほぼ毎年、数銘柄の入れ替えが行われています。

日経225miniの取引には満期日がありますので、満期日のある月を選んで取引します。

限月は、3月・6月・9月・12月のうちから最も近い2つの月になります。
限月の第2金曜日が満期日でSQ日といいます。
満期日の前日が取引最終日になります。
満期日をむかえた取引は全て自動的に決済されますので持越しはできません。

SQとは?

SQとはスペシャル・クォーテーションの略で、満期日の決済に用いられる最終清算指数のことです。

日経225miniの取引には満期日がありますが、満期日を待たずに反対売買で決済することも可能です。

日経225miniの取引では、日経平均に連動して動く先物価格を見ながら、いつでも反対売買によって契約を解消することができます。

「買い」からスタートした取引を「売り」で決済することを「転売」といい、反対に「売り」から始めた取引を買って決済することを「買戻し」といいます。

日経225miniの取引では、最初に行った取引と反対売買またはSQ値との差額として生じた損益の受渡しで決済しますので、満期日をむかえても現物による受渡しは発生しません。これが、株式投資との大きな違いです。





- 日経225先物ブログランキング -