日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225先物, mini入門

PR


基礎・入門TOPページへ
日経225先物取引の仕組み

日経225先物取引の仕組みは、日経平均株価(日経225)とほぼ同じ動きをしますのでシンプルです。

限月(げんげつ)とは?

日経225先物は取引できる期間が決まっています。満期日を限月(げんげつ)と呼び、各限月の第2金曜日(満期日)の前日までしか取引できません。取引最終日までに反対売買で決済しない場合は、満期日にsq値で自動的に決済されます。

よって、購入後ずっと持ち続けることはできません。

市場では、3月、6月、9月、12月のうち直近5ヶ月の限月が取引されています。日経225先物取引の金額は先物値段の1000倍になります。

日経225先物取引の場合は、約定単価×取引枚数×1000倍、日経225miniは約定単価×取引枚数×100倍になります。

例えば、日経225先物を16,000円で1枚(1単位)買い建てた場合

16,000×1×1,000=16,000,000(1600万円)になります。

ですが、実際に1600万円の資金は必要ありません。実際の証拠金額は各証券会社設定されていますが、日経225先物取引の場合なら証拠金50万円ぐらい必要です。日経225miniの場合なら、その10分の1の証拠金5万円ぐらいで取引が可能です。





- 日経225先物ブログランキング -