日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225先物, mini入門

PR


基礎・入門TOPページへ
日経225先物取引の魅力

日経平均株価が対象なので個別銘柄を選択したり、分析する必要がありません。
通常、個別銘柄に投資する場合、会社の悪いニュースによりストップ安や会社の粉飾決算などの不祥事による上場廃止になる可能性がありますが、倒産のリスクを避けることができます。

将来、日経平均が上昇しそうなら「買い」からスタートし、下落しそうなら「売り」からスタートの注文を出し、予想通りに価格が動けば反対売買により利益を得ることができます。当然、相場が反対に動くと損失が発生します。

日経225先物取引の一番大きな魅力は、レバレッジ効果が働きますので少ない資金で大きな取引ができる点です。

レバレッジ効果とは?

レバレッジ効果とは、借入れによって自己資金の場合に比べて何倍もの収益が狙える効果のことを表します。

レバレッジを効かせるとは、「テコの原理を効かせる」ということです。株式投資では、10万円の株式を買うには、10万円が必要です。

信用取引を使えば、自己資金の3倍程度まで株を買うことができます。

先物取引では、「証拠金」と呼ばれる一種の保証金を預けて取引しますが、1000円の保証金を預けることで10万円分の取引を行ったような投資効果を生み出します。

このように、「少ない資金で大きな取引ができる」いわばテコの原理を先物取引ではレバレッジ効果といいます。

例えば、レバレッジを3倍に効かせるとリスクも3倍になりますので、3割程度の変動で資産はゼロに近い状態になります。
また、投資業界以外の企業経営でも、自己資本の何倍の資産を保有しているかという倍率を「レバレッジ」という言い方をします。





- 日経225先物ブログランキング -