日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225先物, mini入門

PR


基礎・入門TOPページへ
このページは、はじめての方にも分かるように解説している基礎ガイドです。

日経平均株価とは?

日経平均株価(日経225)とは何を表しているのでしょうか?
簡単に言えば、日本のマーケット・産業構造の動向を数字として擬縮したものです。
日本を代表する企業225社の株価を基に日本経済新聞社が算出しており、株式市場だけでなく日本経済全体の状態を表す重要な指数として、インターネットやテレビのニュース、新聞を通じて世界中に発信されています。

日経225先物取引とは?

日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引で、株式のように市場価格で売買できます。
日経225先物取引は、通常の株価が値上がりするのを待って、中期・長期にわたって保有することができません。
日経225先物取引は期限までに決済しないと自動的に取引が終了します。これが、株式投資との大きな違いです。

日経225miniとは?

2006年7月から取引を開始した新商品が「日経225mini」です。日経225先物取引と同じ日経平均株価(日経225)を対象にした株価指数先物取引です。
日経225先物取引の魅力は同じで、取引単価や証拠金が10分の1のサイズになったので「日経225mini」と呼ばれているそうです。

日経225オプション取引とは?

将来の日経平均株価(日経225)を特定の値段で買ったり、売ったりできる権利の売買が日経225オプション取引です。
損失を限定しながら権利を買うことができるのが大きな特徴ですが、相場が動かなくても利益が得られるなど、日経225オプション取引は、いろんな投資戦略が可能です。
権利を買った投資家は、満期日の日経平均株価(日経225)と比較して有利な時だけ権利を利用することができます。





- 日経225先物ブログランキング -