日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225オプション取引
オプション取引の注意点
始める前のポイント

基礎・入門TOPページへ
オプション取引の用語集

選択売買権という意味で、購入する権利や売却する権利を売買する取引。権利を買う「買い方」と、権利を売る「売り方」に分かれます。

コールオプション

将来値上がりすると考える人は、今購入する権利を買っておいて、順調に上がればその権利を売って儲ける取引

プットオプション

将来値下がりすると考える人は、今売却する権利を買っておいて、順調に下がればその権利を売って儲ける取引

権利行使価格

前期の「値上がり」もしくは「値下がり」する基準となる将来の予想価格。(株でいう「銘柄」と考えればわかりやすいでしょう。)日経225オプションは現在の日経平均を中心にして500円刻みで選択できます。

特別清算指数

取引最終日の翌営業日(限月の第2金曜日)SQ(スペシャルの寄付値を用いて算出する決済のためのコーテーション)清算価格

満期日

反対売買されなかったオプション契約の最終決済を行い、ポジションを解消する日。つまり自動権利行使される日。

自動権利行使

取引最終日における未決済建玉について、イン・ザ・マネーであれば(権利行使価格を申告しなくても)自動的に権利行使が行われることです。この時本質的価値とプレミアムが一致し、時間価値は0になります。

プレミアム価格

権利行使価格の市場単位は「枚」で、取引最小単位は1枚から。この価格を1000倍したものが、自分の購入代金になります。(新聞に掲載されるのはプレミアム価格であり、購入代金はその1000倍です。)

アット・ザ・マネー

現実の日経平均が、あなたの選択した権利行使価格と一致するところになります。
*この「アット」は特に要注意です。

イン・ザ・マネー

現在の日経平均があなたの選択した権利行使価格を超えたところになります。

アウト・オブ・ザ・マネー

現在の日経平均があなたの選択した権利行使価格の手前のところになります。





- 日経225先物ブログランキング -