日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
225先物ブログランキングTOP > 日経225先物基礎・入門TOP > 日経225オプション取引とは?
日経225オプション取引
オプション取引の注意点
始める前のポイント

基礎・入門TOPページへ
日経225オプション取引とは?

「オプション取引」とは、将来の価格を先取りし権利の売買をすることを言います。

このことがわからなければ「オプション取引」という投機の渦に巻き込まれます。

「オプション取引」という金融商品は、「権利」という形のないものを扱う売買であることが商品特性を持っています。

例えば、今日、買った権利が約1ヶ月以内の期日までに発生出現しなければ、その権利に支払った資金は消失することになります。

逆にタイミングよく「権利」が出現してくれれば、大きな利益を手に入ることができます。

「損失は投入した資金以内に限定され、利益は無限大の特性」

というのが「日経225オプション取引」では、将来のある値段(権利行使価格)で「買う権利」と「売る権利」があり、前者をコール、後者をプットと呼び、いずれも「買う」といいます。

日経平均株価(相場)が約1カ月以内(正しくは満期日=sqまで)の間に上昇すると考える人はコールを買い、逆に日経平均株価(相場)が下がると思う人はプットを買うことになります。

オプション取引は「もしも」のことが起きた時に役割を果たす「保険」のように設計されています。

よって、「もしも」のことが起きなければオプションは消滅する商品です。ここで注意しないといけないのが、オプション買いは本来単独で売買されるものではありません。

オプション買いは先物取引、裁定取引、オプション取引などを組み合わせて行われるデリバティブの中でヘッジ(防衛策)の役割を与えられる商品としてつくられたものです。

このデリバティブは機関投資家などが行っていますが、相場とは、いつ何がおこるかわかりません。そこで「もしも」の時にも安心できるように開発されたのが「オプション取引」です。

巨大な機関投資家の資金をヘッジ(防衛策)するのですから、「もしも」の時には1日で5倍、10倍どころか、無制限に近くレバレッジ(テコの原理)が働く必要があります。

そのためにオプション買いには損失限定・利益無限大の超能力が与えられ、少額の資金で大きな資金のヘッジをすることが可能です。





- 日経225先物ブログランキング -