日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
日経225オプション取引
オプション取引の注意点
始める前のポイント

基礎・入門TOPページへ
オプション取引の基礎知識

「日経225オプション取引」は日経平均が大きく動くことに賭ける「買い方」と、その賭け金を受け取って利益とする「売り方」による相対で行われています。

賭け金を支払った「買い方」は狙ったように日経平均株価が動かなければ、その賭け金が失われることになります。

逆に狙った以上の事態が起きれば、「売り方」はその程度に応じていくらでも支払う義務を負っています。この取引は市場価格(プレミアム)を売買する形で行われ、複雑な計算式と需給によってその価格は決まります。

そして売買が成立すると同時に「買い方」は「売り方」にその代金を支払い、売り方はそれを受け取ります。

また取引には期限があり、1ヶ月毎に四カ月連続して設定されており、それを「限月」とよびます。

この限月の最終日はその表示する限月の第二金曜日と決められており、満期日もしくは清算日とよばれ、通常はSQ(特別清算)の日といいます。

オプション取引はいつでも開始でき、「買い方」は始まった取引を好きな時にやめられますが、「売り方」は「買い方」がやめない限り、SQ(特別清算)まで受け続ける義務があります。

そして、オプション取引の最大の特徴は「買い方」が負ける時は最初に支払った賭け金を最大限度として、それ以上負けることは決してなく(損失限定)、逆に狙い以上に日経平均株価が大変動した時の恩恵はいくらでも手に入る(利益無限大)ことにあります。

一方、「売り方」の利益は最初に受け取った賭け金以上に増えることはなく利益限定になります。

もし、「買い方」の狙い通りに日経平均株価の大変動があった時には、それがどんなに大きくても支払いの義務を負っています。

つまり、損失無限大になります。そのため「売り方」は「買い方」にはない多額の証拠金を必要とされています。

この「買い方」と「売り方」の関係は、わかりやすく言うと、掛け捨て保険に保険をかける人と保険会社の関係とほぼ同じです。

ご存知のように、掛け捨て保険では保険会社は支払われる保険料を収益源としており、事故や損害が起きた時に保険金を支払っていますが、普通に本業をやっている限り、保険会社は儲かるようにできています。

これは保険というものが統計に基づいて組み立てられているからです。残念ながら小資本の個人では、この保険業を開くことはできません。





- 日経225先物ブログランキング -