日経225先物
日経225先物 TOP
日経225先物取引初心者のための基礎・入門
225先物ブログランキングTOP > 日経225先物基礎・入門TOP > オプション取引で大損する3つのチェックポイント
日経225オプション取引
オプション取引の注意点
始める前のポイント

基礎・入門TOPページへ
オプション取引で大損する3つのチェックポイント

オプション取引は勝率の悪いゲームなので、たとえ戦略的に上手に売買を行なったとしても容易に勝つことができません。

逆に次の三つの局面は損失限定であるにも関わらず、大損失につながりますので、特に気をつけましょう。

第1の局面 絶対勝つという確信をもって勝負する時
第2の局面 負けを取り戻そうとして資金投入した時
第3の局面 トレーディングで失敗した時

第1の局面は、これまでに株式投資でも行われたように人間の心や頭の中は状況に左右されやすいもので、相場が上昇し株価が高くなればなるほどさらに上へ上がると感じ、買う人が増えていくものです。

あとから相場の出発点のチャートを見ると、高い位置でも出来高は急増しています。

それは株価の上昇スピードが気持ちの中にまだ上がるという確信を生み出し、その結果、今こそ買わなければ損だと思い込むようになるからです。

こうなると不思議なもので、投入資金はできるだけ多いほうがよいと思うようになり、全ての資金投入をし信用取引も最大限に利用して冷静さを失い極端な集中投資が行われることになります。

オプション取引の「買い」の場合は信用取引がなく、あくまで限定損失ですが、手持ち資金を多く入れると、株式投資よりもはるかにリスクは拡大します。

そして、ほとんどの確信は結果として大敗を喫することになります。株式投資に比べ、負けるスピードは10倍も早く、最悪の時はわずかの日数でゼロになってしまいます。

人間の相場観が作り出す確信こそ、オプション取引の「買い」だけではなく、全ての相場におけるもっとも危険なものの1つであることを肝に銘じておきましょう。

第2の局面は、負けを取り戻そうとする時です。

これは全ての勝負事に言える事で、「負けを取り戻そう。」という気持ちは必ずムリな勝負をしてしまうために、さらに負け込むという結果を生み出します。

もともと勝負事というのは、心や頭が熱くなり、冷静さを失いがちになるものです。

そして負けが続くと、負けを取り戻すための机上の計算が独り歩きをはじめます。

冷静な時でもうまくいかないことが多いのに、こうなると悪循環に向かいます。

オプション取引は負けることが圧倒的に多いため、こわくなってやめる人はいいのですが、負けを取り戻そうと無理をすると、すごいスピードで資金は減り続けることになります。

第3の局面はトレーディングに失敗した時です。

一般にオプション取引を実践する人のほとんどは、いわゆるトレーディングというパターンで、安いところでうまく買って高いところで売り抜けるという手法です。

この方式は全て自分の相場観と技術でタイミングをはかり、「ここだ。」と思った時に出動し、また撤退もするわけですが、オプション取引の場合には、プレミアム価格の変動が非常に大きい時があります。

トレーディングしていて危険なのは失敗をした後で、上手に勝ったつもりが一日早く処分してしまったために、翌日はさらに大きな変動があり、滅多にない大きな利益のチャンスをフイにしてしまったような場合です。

そうなると、負けを取り戻すことと、もう1度その局面を手に入れようという気持ちになり、次第に売買に余裕がなくなり、せっかく勝っていたのに、自分自身ではトレーディングが失敗に終わったと悔やみ、そのことが逆に自分自身を追い込きますので注意しましょう。

以上が、オプション取引で大損する3つのチェックポイントですが、この3つは人間である以上必ず陥る危険でもあります。

この危険から逃れるには、「資金管理」と「戦略」を事前につくるしかありません。





- 日経225先物ブログランキング -